2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2007'08.31 (Fri)

最終日!

夏休みが・・・今日で終わり です

夏休みといっても、悠太朗は毎日学校(学童)に行っていたので
あまり変わりのない日々・・・なんですが

なんといってもお弁当作りから開放されるーーーバンザイ
お弁当作り。
前日から仕込んでおけば、朝の支度は大した時間ではないんですが
やっぱり気分的に楽になりますね

さぁ、来週から新学期
宿題は、一応完了してるはず
夏休の友・漢字練習・計算ドリル・絵日記・作文

学童の先生がおっしゃっていたのですが、
作文が最後まで残ってしまう子供が多いと・・・

悠太朗例外なく そう。
最後に残っていたのが作文

悠太朗はお盆に長崎に旅行へ行ったことを書く!と張り切ってました。
原稿用紙に書く前に、下書きをしてみては?と母からのアドバイス
せっせと下書きをして、母に見せてくれました。

お盆に行ったところ、やったことがツラツラと書いてあります。
なんかこんな文章、どこかで読んだことがある・・・
あぁぁーーー、母の小学生のときの作文に似てるかも
そのとき、母は母の母(←ややこしっ!いわゆる悠太朗のばあちゃんね)に
『旅行行って、○○をして、なっちゃんはどう思ったの??』
と言われたのを覚えています
そうなんですよね、作文とか感想文とかって、
あった事実・書いてあるアラスジを書くだけでは
あまりよろしくないんですよね

なので母も悠太朗に同じようにアドバイス。
『ちゃんぽん食べてどう思ったの?』
『海で泳いで、どうだった?』
こう聞くと、ちゃんと答えるのです。
『じゃあ、その思ったことを作文にも書かないと!』

こんなやり取りをしながら、下書き完成
清書は次の日に学童の学習時間でやってくるとお約束

そしてその日の夜。清書したものを見せてもらいました!
あちゃー
まず、字が雑
段落を変えるときに、1マスあいていない
鍵括弧が一文字なっておらず、マスの枠をなぞっている

などなど・・・。母は粗探しをしてるつもりはないんですが、
これらを見逃すわけにはいかず・・・ ダメだしです
そう、全部書き直し~
消しゴムでしても、筆圧強くてきれいに消えず、
きっと読みづらい原稿になるので、
新しい原稿用紙に、初めっから書き直しです。

悠太朗 『えーーーっ』としかめっ面

もしかして、作文の書き方教わってないのかしら?と思い、
悠太朗に国語の教科書を見せてもらうと・・・
習ってるじゃん!!ちゃーんと

母は悠太朗の横に座り(←相当プレッシャーでしょうね)書き直し開始。
なるべく口出しするまい・・・と心に誓っていたのですが、
その誓いはもろくもガラガラと崩れていきました

文字の書き順がありえない
漢字もひらがなも・・・
もちろん全部違ってるわけじゃないのですが
母は我慢できませんでした

(このことを学童の先生にお話したら、
『作文書くところ、見ていなければ良かったと思いますよね。
 うちの娘もそうでした』とおっしゃってました。)

1枚の原稿用紙を書き上げるのに、約40分。
書き順を母からいちいち注意されながら、悠太朗は書いておりました。
正座して
寝る時間を過ぎてしまったので、2枚目は翌日に持ち込み。
そして、母から書き順をしっかり考えながらの漢字・ひらがな練習が
宿題として与えられました。

文字を丁寧に書く
これってとっても大切なことだと思います
上手・下手もありますが、下手でも丁寧に書くことで伝わると思うんです
パソコンやメールが当たり前な時代だからこそ、
文字を書くということの大切さをもっと知って欲しいなって思ってます

やっぱり書道・・・悠太朗と一緒に行こうかなぁ。
スポンサーサイト
23:13  |  小学校・学童  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://medaka98.blog51.fc2.com/tb.php/73-9d88cc5a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。