2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2007'01.12 (Fri)

母、嬉しかったよ~(長文でっす)

先日悠太朗の学童の連絡帳に書いてあったこと

悠太朗君の男らしい姿を見ました!
宿題を終えた子達は、終えてない子達と別のところで読書という最中のこと。
A君がポケモンの本を読んでいて、1年の男の子が周り寄って見てた時、
B君を(悪気なく)押しのける形になってしまった悠太朗君に怒った
B君が文句を言って、相手にしなかった悠太朗君に張り手バチン!!

しかし悠太朗君は何も言わず、移動したA君に付いて行き、何事もなかった
ようにA君とジーッと本を見ている中、腹の虫のおさまらないB君がまた来て
悠太朗君の足を踏みつけましたが、『何?』と言ったきり相手にしませんでした。
確かに自分がしたことが「マズイなぁ・・・」という気持ちが悠太朗君にあったのでしょう。
しかし普通の男の子なら自分に非があったとしても叩かれたら、泣くか
叩き返すかするものなんです。(長く子供たちを見てきた経験で)
そこを相手にしなかった悠太朗君が一段と成長したなと感じました!


これを読んで母は、『んーー・・・』という感じでした
悠太朗に聞いてみた
そしたら悠太朗『ぼく、何もしてないのに叩いてきたと』って。

母からは
『何もしてないのに叩くことってあまりないから、なんで叩いたのか聞いてみて
もし悠太朗がB君が嫌だなって思うことをしてたんだったら、ごめんね言おうね。
でも、叩き返さなかったのは偉かった!』と伝えました

でもどうなんだろう・・・って疑問に思っていた母。
それで、私の最大の相談役 従妹のみーちゃん にメールで聞いてみました

相談役 従妹のみーちゃんからの回答

ん~、学童のことやけど、その悠太朗は『男らしかった』のか?先生??
ただ、その日はそんな気分だったとか、面倒だったとか
そんな感じなのかしら、悠太朗

基本的に悠太朗がその男の子を押しのけたからって
叩いて良いわけではないし、納得いかないことはとことん考える人
やけん悠太朗って・・・・・
まぁ、学童の連絡帳では知り得ない複雑な人間関係があったんですよ
きっと彼らに(笑)

叩いたわけではないし、故意に押しのけたわけでもないしいいんじゃない?


とのことでしたん、納得。ありがとう相談役 従妹のみーちゃん

連絡帳のお返事で、母は常々思っていたことを書きました

悠太朗もともと冷静な一面があって、このようなことは度々です。
でも、やっぱり一言B君に押しのけたことを『ごめんね』と
言えないことは、いつも悩んでいます。
『ありがとう』『ごめんなさい』がすぐに口から出てこない・・・
というのは、どうしたものかと考えてしまいます。


この母のコメントに対して、学童の先生からお返事をいただきました。
(上記のコメントを書いてくださった先生とは違う先生かな・・・)

中垣様

「ありがとう」「ごめんなさい」がすぐに口から出てこないというのは
私も自分の子供に対して頭を痛めていた時期がありました。
下の子は今3年生になりましたが、素直に言えるようになりましたよ。
すぐに言えない・・・というのは、言葉の重みが分かっているからだと思います。
重みが分かっていない子達は、逆に簡単にいうもので、全く気持ちが
こもっていませんよ。

悠太朗君は自分のしたことは自分の頭で考えて分かってますし
いくら自分が悪くても“やられたらやり返す”というのが男の子です。
そんな中でやり返しもせず、うまくかわすことが出来るのは素晴らしい事です。

また、お弁当箱のフタが開かずに何度か開けてあげたことがあります。
今日も補助の先生が開けてあげたのですが、『ありがとうございます』と
きちんとお礼を言ってましたよ。
言いなさい!と言われると、言うタイミングをはずしたり、恥ずかしくなるもの。
お母様が思っているより悠太朗君は反省・感謝の心、言葉
しっかり身についてますよ!!


嬉しかった~本当に

悠太朗に怒ってばかりいる日々。
果たして誉めてあげてるかしら・・・とふと思う・・・。
確かにダメなものはダメ でも良いところはたくさん誉めないとですね

ゆっくりゆったり、悠太朗と向き合っていこうと思います
スポンサーサイト
18:57  |  なにげな日々  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●なんともですねぇ

普段から悠太朗の様子をよく見てる人間としまして・・・
その場面での悠太朗の言動の雰囲気が手に取るように分かってしまいますv-391
大智とのちょこちょこした諍いの時、カッカしている大智に対し、冷静といっていいのか、はたまた、相手を小ばかにしてると受け取られても仕方ないかのような風情の悠太朗。そんな時、相手は余計に“カチンv-359”とくることあるよね大智がB君の立場で似たようなシチュエーションがたまにあるもんね。そんなときは子ども同士で解決してもらうべくホッタラカシにしてるけど・・
けど、収集がつかなくなったときは双方から云いたいことを言わせて解決策を探ろうとするけど、その状況では悠太朗は、まず喋らないもんねi-229
悠太朗は7歳にしては間違いなく分別がある方だと思う。学童の先生が書かれている通り、きちんと言葉で伝えるべきことは伝えてくるし。でもやっぱり7歳は7歳。いつもきちんとできる時ばっかりじゃないよね。うちの子なんて...考えるのよそう!頭痛がしてきそうだわi-238
ただ、これからの時代を生きていく世代は、グローバル化が進むからきちんと自分の意思を言葉で表現できないと、外国の人とのコミュニケーションがうまくいかないかも~とは気になるな。
今回の事件(?!)は学童の先生が気にされ過ぎなのかも。悠太朗のこともだけど、パチンしたB君にちゃんと注意はされたのかな?
悠太朗のペースでまた成長してくれるでしょうv-396
だいママ | 2007年01月12日(金) 23:16 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://medaka98.blog51.fc2.com/tb.php/31-9cc7270a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。